BLOG

BLOG

一度諦めたクリエイティブ業界 五十嵐彩乃の仕事の「軸」|アイデアプラスで働く人ってどんな人?

こんにちは。広報のミズグチです!

弊社では現在、東京オフィスで一緒に働ける仲間を募集しておりますが、会社の雰囲気や業務内容についてもっと深く知ってもらいたいということで採用インタビューを始めることになりました。

第1回は、現在入社3年目の五十嵐さん。

ディレクターと広報を兼務しながら働く彼女にアイデアプラスへ入社したきっかけや、お客様との思い出エピソードなどを伺いました。

名前:五十嵐 彩乃(いがらし あやの)
入社歴:もうすぐ3年
前職:グラフィックデザイナー
休日の過ごし方:NetflixやHuluを見る(ウォーキングデッドが好き)、音楽ライブへ行く

「クリエイティブ業界に疲れた…。もう働きたくない!」――それでも選んだディレクターという職業

まず前職について教えてください。

英語の成績がよかったので大学は外国学部だったのですが、新卒で紙とWebを扱うデザイン制作会社へ入社しました。

就活を始めた時にライフチャートを書いて自分がどんな仕事をしたいか知るため自分の人生を振り返ってみたんですよね。

そしたら、学生の頃から宣伝をしたりポスターを描いたりすることが好きだったなぁということに気が付いて全くの未経験ではあったのですがデザイン系のお仕事に挑戦しようと思い入社を決めました。

そこでのお仕事はどうでしたか?

実際にやってみて改めて感じたのですが、私は企画を考えたりすることは好きだけどデザインとして情報をアウトプットすることが苦手なんだなって気づいたんですよね。

デザイナーに向いてないと思い会社を退職し、今後はもうクリエイティブ業界で働くのはやめようと一度諦めてしまいました。

あれ、でもアイデアプラスってクリエイティブ業界ですよ!?

そうなんですよね(笑)

でも次の仕事を探す前にもう一度自分の人生を見直してみて、「わたしがやりたいことって何だろう」とか「どんな人間として生きていきたいんだろう」って改めて考えた時にやっぱりやりたい仕事ってクリエイティブ系のお仕事なんだなって戻っちゃったんです。

「相談しやすく裁量を持って働ける職場です」――自分らしく働ける自由な社風

なるほど、それでアイデアプラスと出会ったわけですね。

そうですね。

齋藤社長からどのような仕事内容か伺ったところ

・既存事業であるCPOサービスに従事する
・企画開発部(当時呼称)で会社にとって新しいことに取り組む

と、2つの選択肢がありました。

わたしにとってはどちらも未経験の仕事内容でしたがどちらも取り組む様子を想像した時にワクワクする気持ちが持てたので、アイデアプラスに入社することを決めました。

実際に入社してみてアイデアプラスの仕事はどうですか?

入社してから現在まで「企画開発部(現在名称はCPO+)」という、会社にとって新しいことに取り組む部署に所属しています。

初めて取り組むことにチャレンジするのは時に不安もありますが、マネージャーやメンバーに相談しやすいですし、自分で裁量をもって進められるのでとても楽しいです。

雰囲気も合っていそうですね。

そうですね。チャレンジしたいことがあれば気兼ねなく相談できる環境だと思います。もちろん会社の方向性に沿っていて、やるからには責任も伴いますが色んなことをやってみたい人にとっては楽しく働ける会社じゃないでしょうか。

あとはアイデアプラスは個人の多様性を受け入れてくれるメンバーばかりだと思います。

アイデアプラスって個性が強い人が多いじゃないですか(笑)

でも「あの人って〇〇だよね〜」とか否定することなく、それぞれの良いところを見て受け入れてくれてると思います。

自由な社風は私にすごく合っています!

企画や提案を考えることが大好き」――Webが得意なディレクター

普段はどんな仕事をしているんですか?

大きく分けると2つ合って、コンサルティング(共創サービス)制作ディレクション(CPOサービス)をしています。

コンサルティングは私の得意なWebサイトやSNSの分析と改善提案をおこなっています。

Google AnalyticsやSNSインサイトの数値を分析しレポートを作成します。毎月のミーティングにて、レポートを通して前月の施策の振り返りをし、来月以降の企画戦略をお客様と一緒に考えるお仕事です。

制作ディレクションは、「Webサイトを作りたい」というお客さまからのご依頼に対してコンセプトや企画を提案します。そしてデザイナーやエンジニアをアサインし、良い品質で納品できるよう進行管理するお仕事です。

その中でも好きな部分や、仕事はありますか?

私はどちらかというと、企画を考えることだったり、魅力ある商品や企業の情報発信をしPRすることが好きですね。

実はディレクター以外にもアイデアプラスの広報も兼務していたり、会社づくりにも参加しているので自分の「好き・強み」を活かして働けています。

広報は五十嵐さんがスタートさせたんですよね?

今期から3人体制で広報チームとして活動してますけど、それまではずっと1人でやっていました。

ちょっと話戻るんですけどライフチャートを描いた時に思い出したことがあって、小学生の頃に新聞係っていうのを作ったんですよ。

元々は新聞係なんて存在していなかったのですが、勝手に毎月学級新聞を作ったり、修学旅行の時には先生からカメラを任されクラスの写真を撮影したり。

そういった過去の自分の行動を思い返してみても情報を発信する「広報」の仕事は好きだったんでしょうね。

なので、現在広報というポジションで活動できていることはやりがいがあります。

「クライアントの新入社員さまよりも会社のことを知っていました」――仲間として仕事ができる関係性

今までの仕事の中で、印象に残っていたり忘れられないエピソードはありますか?

印象に残っているのは、テイアイシイ様という会社のお仕事ですね。

最初はWebサイトリニューアルのご相談からスタートしましたが、結果的に採用と広報のサポートをさせていただきました。

テイアイシイさまを知るため各地の拠点にも見学に行かせていただき、1年後にはテイアイシイの新入社員さまよりも私の方が会社に詳しいという状態でした(笑)

すごくいいお客様だったんですね。

あと他にもシューズミニッシュ様も印象深いです。実はライターのお仕事も少し経験があり、代表の高本さまのインタビューもさせていただきました。

アットホームな会社で働かれている方も素敵な方ばかりです。お仕事終わりに打ち上げで食事に行ったり、仲間のようにお仕事できたことが非常に思い出深いです。

これから挑戦してみたいことはありますか?

1つはライブ配信をもっと活用していきたいなと思ってます。

現状アイデアプラスのFacebookは既存のお客さまなど多くの方に見ていただいてるので、アイデアプラスとして何かお役に立てる情報をお届けしたいと思っています。

今は離れていてもWeb会議ツールでコミュニケーションが取れるので、オンラインセミナーのイメージです。

いいですね、どんなセミナーをやってみたいですか?

私はWeb領域が得意なので、まだSNSに取り組んだことのない企業様に向けてSNSの活用法などをお話ししたいです。

「とにかく新しい事に挑戦できる環境です!」――東京オフィスで新事業開拓

では最後に、一緒に働きたい人はどんな人ですか?

東京オフィスでは現在立ち上げメンバーを募集しているのですが、まだ3人しかいないので、まず私たちとフィーリングが合うかどうかはけっこう重要です(笑)

環境的にも時間的にも、一緒に過ごす時間が長くなるので…。

3人の紹介はこちら から

他には「新しいことに挑戦したい!」と思っている方にはアイデアプラスがおすすめです。

おそらくWebやイベントなど1つの分野に特化して活躍されているディレクターが多いと思いますが、アイデアプラスでは動画やグラフィックやブランディングや空間デザインなど様々なディレクションに携わることができます。

特に東京オフィスでは新規事業立ち上げもミッションとしてあるので、新しいことに挑戦したい方にぜひお会いしたいです。

まとめ

五十嵐さんは何事にも興味を持って積極的に取り組んでいける人なんだと感じました。そして、CPO+東京チームのリーダーとして活躍するなど責任感も強く、仲間を引っ張っていく彼女のたくましさはとてもカッコよく見えます!

東京オフィスでは現在一緒に働くメンバーを募集しております。まずはお気軽に会ってお話ししましょう!